汚泥消化

おでいしょうか(英:Sludge digestion)

汚泥消化とは、下水汚泥のように有機成分を多く含む汚泥を、酸素が少ない状況(嫌気性条件)下で微生物処理すること。

<汚泥消化の取り組み>
もともとは汚泥の減容化を目的とした技術。しかし最近では、処理の過程で発生するメタンガスが新エネルギーとして注目されるようになった。下水処理場では、メタンガスを燃焼さして処理設備の加熱に利用したり、燃料電池や発電に取り組む事例も増えている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載