温室効果

おんしつこうか(英: Greenhouse effect)

温室効果とは、太陽光線は大気を通過して、地表を暖め、熱を吸収した地表からは赤外線が大気中に放射される。大気中に二酸化炭素、メタンなどの気体が地球の放射する赤外線を吸収し地球を温室のように暖めている現象。

<温室効果と地球環境>
この温室効果によって現在地球表面温度は平均15℃程度に保たれている。温室効果をもたらす気体(温室効果気体)は、二酸化炭素、フロン、メタンなど50種を越す。人間活動によって、これら温室効果気体の排出が著しく増えたために、今後地球温暖化が進むことが懸念されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/27 転載