アルベド

あるべど(英:Albedo)

アルベドとは、太陽から降り注いだ光を地球がどれだけ反射するかの割合(反射能)のこと。大気の温度を決めるファクターの1つ。

<アルベドの効果>
一般に、大気が濃く雲が多い天体ほどアルベドの値も高くなる。雪面や砂漠などは太陽光をよく反射するためアルベドが大きく、植物が植わっているような場所は小さい。理論的にはアルベドの大きい方が地表面の温度上昇に与える影響が少ない。表面が氷雪に覆われている場合、アルベドは80%にも達するが、温暖化によって氷雪が減る事になれば、温暖化の加速に繋がると考えられる。地球のアルベドはおおよそ30%であるため、アルベドがそれより低ければ地球の温度は今より高くなり、高ければ温度は低くなると考えられる。地球上の雪氷地域、砂漠、森林等の面積の増減は、地球のアルベドの増減につながることから、地球の気候システムを変え得る可能性がある。また、植物の存在によりアルベドは小さくなるが、葉の表面から水分が蒸発する時に周りの大気から気化熱を奪う。このため、ビルなどの屋上緑化は都市部でのヒートアイランド現象を抑制する効果がある。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/27 転載