赤潮

あかしお(英:Red tide)

赤潮とは、水中のプランクトンが大量発生し、水の色が茶褐色に変色する現象。
特に春から夏にかけて、気温が上がり、日照時間が長くなると、水中のプランクトン、特に植物プランクトンが大量発生する。赤潮の原因になる植物プランクトンは、約200種類ほど存在する。

<赤潮の原因:及ぼす環境問題>
生活排水などが海へ流入することで窒素やリンなどの栄養塩類が過剰となり、プランクトンが増殖する。こうした現象を「富栄養化」といい、この富栄養化が赤潮発生の原因である。大量発生したプランクトンは水中の酸素を大量に消費し、また、その死骸が海底に堆積し、分解過程で酸素を消費することで生物が生きられなくなる無酸素状態となることも大きな問題である。プランクトンが魚類のエラに詰まるなどし、その水域に住む魚類などにも大きな被害を及ぼすこともあり、漁業に深刻な影響を与える。

<赤潮(環境問題)の拡大>
赤潮は、工業化や人口集中の激しい北半球の内海によく発生していたが、最近では、発生海域が世界的に拡大している。例えば東シナ海では、大規模な赤潮の発生は浙江省の中部沖合、長江の河口沖、渤海、海州湾で特に多く、漁業や海草などの養殖業に大きな打撃を与えている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/27 転載