オゾン層保護法

おぞんそうほごほう(英:Ozone layer protection method)

オゾン層保護法とは、フロンなどの人工の化学物質によって、成層圏に存在するオゾン層が破壊される。その結果、地上では、オゾン層に吸収されていた有害な紫外線が増加し、人や生態系に悪い影響を及ぼす。そこで、オゾン層保護のためのウィーン条約が1985年に採択され、87年モントリオール議定書が署名された。日本では、88年にオゾン層保護方が施行され、90年に同法を改正し規制が始まった。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/27 転載