マークルツリー

まーくるつりー(英:Merkle tree)/ハッシュツリー(英:Hash tree)

ブロックチェーンでは、これまでのすべてのトランザクション(取引)データが格納されたブロックが、チェーンのようにつながり、データを連続的に保管する。その多くの取引データをブロックのブロックヘッダ部分に要約して書き込む際に、用いられている技術が「マークルツリー(木)」である。「ハッシュツリー(木)」という名もある。リリーと呼ばれるのは、木のように根っこから枝葉に分かれていくようなかたちで要約されているため。


株式会社FLOC ブロックチェーン用語集 2019/03/01 転載