ビットコインホワイトペーパー

びっとこいんほわいとペーぱー(英:Bitcoin white paper)/Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System

2008年 10月31日、Satoshi Nakamoto と名乗る人物により公開された、「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System」というタイトルの論文のこと。9ページの短い論文で、第三者を介さずに低コストで取引できる電子マネーのアイデア、ピア・ツー・ピア(P2P)を使い、プルーフ・オブ・ワークにより取引情報の改ざんを実質的に不可能にする仕組みなど、ビットコインの概要が書かれている。


株式会社FLOC ブロックチェーン用語集 2019/02/27 転載