Colored coins

カラードコイン

ビットコインに色をつけて付加情報を与えることで、既存の法定通貨、株式・株券、デリバティブ商品、電子セキュリティ、金、車、家など、デジタルから実物まであらゆる資産の取引を可能にするといわれるビットコイン 2.0 プロジェクトの一つ。ビットコイン上に付加情報のレイヤーを構成するため、既存のプロトコルに変更を加えることなく機能を拡張できる。ユーザー独自の通貨発行ができる点もカラードコインの特徴と言われる。


株式会社FLOC ブロックチェーン用語集 2019/02/25 転載