帰納推論

きのうすいろん(英:Induction reasoning)

帰納推論とは、個別的な複数の事象をもとに1つの一般的な規則・法則を導き出す方法のこと。

イギリスの哲学者であるフランシス=ベーコンが唱えた論理展開法である。様々なデータをもとに統計学などを使い推論するので、演繹推論と違って形式的な規則のみによって評価できないため、その推論が確実に正しいとはいえない。また、帰納法を利用した推論では、集める事象が多いほど導き出された結論に妥当性が出ると考えられる。ただしあくまで推論の域を超えないので不確定なものの結論を導き出す時に使われる。


人工知能専門メディアAINOW AI用語集 2019/2/21 転載