Word2Vec

わーどとうーべっく(英:Word2Vec)

Word2vecとは、単語をベクトル化して表現し、テキスト処理を行うニューラルネットワークのこと。

Word2vecは、2層から成るのでディープラーニングではないが、テキストをディープニューラルネットワークに対応できる数値形式に変える機能を持つため、DLの入力値として扱われることも多い。単語ひとつを200個の要素の組み合わせとして表現するこの手法は「分散表現」とも呼ばれる。かなり高い精度のテキスト処理が行えるため、今後幅広い分野での活用が期待される。


人工知能専門メディアAINOW AI用語集 2019/2/20 転載