K近傍法

けいきんぼうほう(英:K nearest neighbor algorithm, K-NN)

特徴空間における最も近い訓練例に基づいた分類の手法であり、パターン認識でよく使われる。最近傍探索問題の一つ。k近傍法は、インスタンスに基づく学習の一種であり、怠惰学習 (lazy learning) の一種である。その関数は局所的な近似に過ぎず、全ての計算は分類時まで後回しにされる。また、回帰分析にも使われる。


Wikipedia  2019/2/20 転載