リレー取引

りれーとりひき(英:Relay transaction)

中央管理サーバーがない P2P においては、各ネットワーク参加者が接続している複数(しかしネットワーク全体からみれば一部)の別の参加者に情報を送信し、受け手がさらに別の参加者に送信することを繰り返すことで、ネットワーク全体への情報共有がなされます。この仕組みが徒競走のリレーに似ていることから、この情報伝搬方式をリレー取引と呼びますが、ビットコインの世界では、最新のブロックデータを共有する場合などに用いられます。


bitFlyer 用語集 2019/1/31 転載