ライトニングネットワーク

らいとにんぐねっとわーく(英:Lightning network)

ライトニングネットワークとは、ビットコインのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ(拡張性)や処理速度、マイニングにかかる手数料などの課題を解決するために開発されたソリューションで、ブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を実行することで、少額の決済(マイクロペイメント)を高速に実行できるようにしています。

ライトニングネットワークではミリ秒単位で数千のトランザクションが可能となり、取引の最初と最後のみをブロックチェーンに記録すればよいので、オフチェーン上の取引に手数料もかからず、マイクロペイメントが可能となります。

オフチェーンによる取引としては「ペイメントチャネル」という技術がありますが、ペイメントチャネルは二者間のみの取引に限定されるため、新しい人と取引をするときはそのたびにペイメントチャネルを開ける必要があり、効率がよくありません。

その問題を解決するのがこのライトニングネットワークです。ライトニングネットワークでは、複数のペイメントチャネルをネットワークのようにつなぐことで、直接チャネルを開けていないユーザー同士でも高速に取引を行ことができます。例えばAさんとBさん、BさんとCさん、CさんとDさんがそれぞれ相互にペイメントチャネルでつながっていれば、AさんとDさんは直接つながっていなくてもBさんとCさんのチャネルを経由して取引することができます。

このとき、AさんとDさんは、取引の途中でBさんとCさんにビットコインを盗まれるリスクもありますが、ライトニングネットワークではそのようなリスクを暗号技術によって解決しており、お互いに信用がないユーザー同士でも取引することができます。

ライトニングネットワークが実用化されれば、ブロック生成に10分かかる、マイニングのたびに手数料がかかるといった現状のビットコインが抱えるブロックチェーンのスケーラビリティ(拡張性)問題が解決され、ビットコインを用いた決済が一気に広がる可能性もあります。


HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム 2019/1/31 転載