マイニング

まいにんぐ(英:Mining)/採掘(さいくつ)

マイニングとは、和訳すると「採掘」の意味となります。仮想通貨の世界においては、ビットコインのブロックチェーンを新たに生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことを指し、鉱山で金を採掘する作業になぞらえて「マイニング」と呼ばれています。マイニングを行う人や事業者のことは「マイナー」と呼びます。

ビットコインの取引は全てブロックチェーン上に記録されていますが、一つのブロックに入れることができる取引データには限りがあるため、ビットコインの取引量が増えるたびに新しくブロックを生成していく必要があります。

しかし、ビットコインには発行主体や管理者が存在しないため、誰かがこのブロックを生成する作業を担わないと過去の取引記録を保存しつづけることができず、ビットコインの仕組み自体が成り立ちません。そこで、ブロック生成のインセンティブを用意することで、中央の管理者なしにブロックチェーン上の記録を更新し続けています。

具体的なマイニング作業としては、まだブロックに入っていない新たなトランザクションデータを集めて、それに自分自身の報酬を含めたトランザクションデータ(コインベース)と任意の数値(ナンス)を加え、そのハッシュ値を計算するという作業となります。

このハッシュ値の先頭に0が任意に設定された個数以上並ぶとマイニングが成功し、新たなブロックが生成できるというルールになっています。この先頭に0が並んだハッシュ値を出すためには、膨大なコンピューターリソースを用いてひたすらナンスを変えて単純計算を繰り返すしかなく、多くの電力を必要とします。ビットコインでは、一つのブロック生成にだいたい10分かかるよう、先頭に並ぶ0の個数を変えることでマイニングの難易度(ディフィカルティー)を調整しています。

マイナーはマイニングに成功すると、自らブロック内に加えたコインベースの報酬とブロック内にあるすべてのトランザクションデータの手数料の合計を報酬として手にすることができます。

ビットコインのブロックチェーン上の記録は全て公開されていますので、どのマイナーが最新のブロックのマイニングに成功しているのか、そのブロック生成時のハッシュ値は何だったのか、ブロック生成までにどの程度の時間がかかったのかなどは全て下記サイトからリアルタイムで確認することが可能です。


HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム 2019/1/31 転載