DApps

だっぷす/分散型アプリケーション(英:Decentralized applications)

DAppsとは(Decentralized Applications)の略語で、特定の中央管理者を持たない、非中央集権による分散型アプリケーションのことを指します。DAppsに投資しているBitAngelsのDavid Johnston氏は、DAppsの定義として下記の4点を挙げています。

アプリケーションは完全にオープンソースかつ自動で運用されており、トークンの大多数を管理する存在がいない。また、市場からのフィードバックを受けてプロトコルの改善は行われるが、全ての変更はユーザーの合意のもとで決定されなければならない
運用のデータや記録は暗号化されたうえでパブリックな非中央集権型のブロックチェーンに記録されていなければならない
アプリケーションの利用にはトークンが必要であり、そのトークンはアプリケーションの価値向上に対する貢献の見返りとしてマイナーに支払われる
トークンはビットコインのProof of Workのように標準的なアルゴリズムに従って生成されなければならない、
また、David Johnston氏は上記の定義を踏まえたうえでDAppsの典型的なタイプを下記の3タイプに分類しています。

タイプ1:独自のブロックチェーンを持つアプリ
タイプ2:タイプ1のブロックチェーンを利用して作られているアプリ
タイプ3:タイプ2のプロトコルを利用して作られるアプリ
タイプ1の例としてはビットコイン、ライトコインなどが挙げられ、タイプ2の例としてはビットコインのブロックチェーンを使用しており、独自のブロックチェーンを持たないオムニが挙げられます。オムニはビットコインのブロックチェーンに記録される独自トークンの発行機能を持っており、オムニ上のトークン「OMNI」を支払うことで独自トークンの発行が可能です。そして、3の例としては、オムニのプロトコルを活用した分散型データストレージサービスを開発しているMaidSafeなどが挙げられます。

また、最近ではタイプ1にあたるイーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクト機能を活用したDaapsの開発も盛んに行われており、イーサリアムのさらなる価値向上が期待される要因となっています。

David Johnston氏は、これらタイプ1~3の関係をパソコンに例えると、タイプ1のDAppsはWindowsやMac OS X、LinuxなどのOSであり、タイプ2はそのOS上で動くワードやスプレッドシートなどの汎用性の高いソフトウェアプログラム、そしてタイプ3は例えばスプレッドシートのマクロ機能を使って開発したサービスのようにタイプ2の機能を活かして特定の目的のために作られたソフトウェアソリューションだと説明しています。

今後、DAppsの開発が進み、特定の管理者を持たない非中央集権型のアプリやサービスがより日常的に利用されるようになれば、現在のIT業界のエコシステム全体も大きく変わる可能性もあります。


HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム 2019/1/31 転載