環境デューデリジェンス

かんきょうでゅーでりじぇんす(英:Environmental due deligence)

環境デューデリジェンスとは、環境影響、汚染状況を入念に調査し、適正に評価すること。

<環境デューデリジェンスの例>
汚染土壌の売買の場合、土壌の汚染状況を知らずに購入すれば、買主が多大な負債を被る事になる。それを回避するためには、買主側が購入しようとする土地の汚染状態を事前に調査し、適正な価値を評価(環境デューデリジェンス)する必要がある。もとはアメリカで発達した概念で、国内では最近になって土地売買の場面で必要性が認識されるようになった。


社会起業大学(社会的企業用語集)2019/1/30 転載