グラミン・クリエイティブ・ラボ

ぐらみん・くりえいてぃぶ・らぼ(英:Grameen creative lab)

グラミンクリエイティブラボは、ソーシャルビジネスを加速するたに設立されました。

グラミンクリエイティブラボ代表のHans Reitzはユヌス博士の顧問あり友人です。
2008年に互いに協力関係を結ぶ合意をしたのち2009年1月に正式に契約を交わしました。

グラミン・クリエイティブ・ラボは、バングラデシュのユヌス・センターとドイツのCRコンサルティング会社であるcirc- responsivenessとの合弁会社として設立致しました。
彼らの共通のビジョンは、グラミン・ソーシャル・ビジネスを加速して貧困と戦うことです。

グラミンとBASFのジョイントベンチャーの成功から戦いは始まっています。
グラミンクリエイティブラボは、グラミンソーシャル・ビジネスそのものです。

各関連企業は製品とサービスを通して融資を行い、収益をグラミン・ソーシャル・ビジネスのさらなる加速に再投資され、グラミン・ソーシャル・ビジネスのコンセプトやアイデアを企業、大学、NGO、学生、投資家などと共有します。