Rootstock/RSK(ルートストック/アールエスケー)

るーとすとっく/あーる・えす・けー(英語:Rootstock/RSK)


我々は今後の『Kyvalionプロジェクト』の展開を考える際に、RSKの技術が加わると今まで以上にKyvalionがさらに素晴らしいシステムになると確信し、2016年の夏より『RSKプロジェクトのテストネット』に参加をし、微力ではありますが現在まで様々な角度から当プロジェクト発展のお手伝いをさせて頂いてきました。

ここでは、そのRSK(ルートストック)についてご紹介します。


RSK(ルートストック)とは

RSK(ルートストック)とはズバリ、既存のビットコインネットワークを様々な面で補強し、ビットコインの実用性を最大化させるプロジェクトです。世界中の人々にブロックチェーンの恩恵を提供するためのプロジェクトです。(引用:RSKarchives「ビットコインにスマートコントラクトを:ルートストック(RSK)とは?」

一言でいうと、ビットコインとイーサリアムをかけ合わせた技術です。ビットコインブロックチェーンの特徴である高いセキュリティと、イーサリアムの特徴である拡張性(スマートコントラクト)を併せ持たせることで、ブロックチェーンの可能性を大きく広げることが期待されています。


『Rootstook』(ルートストック)という言葉を日本語に直訳すると “代木” を意味します。代木とは、「2つ以上の植物を人工的につなぎ合わせる接ぎ木のつなぎ目の部分」のことです。

RSKのロゴは、ビットコインという大きな木から接ぎ木によって繋がっていることを表しており、RSKはその木から生えた葉っぱに例えられています。


RSKは何ができる?何が凄い?

ビットコインとイーサリアムの両方の強みを兼備



「仮想通貨」や「ブロックチェーン」といった言葉を世の中に広めるきっかけとなったビットコインは、数ある仮想通貨の中でも知名度、価値ともに最も高い通貨です。分散されているノードの数も圧倒的で信用度も高く、取引所がハッキングされることはあれど、ビットコインブロックチェーン(ザ・ブロックチェーン)は過去に一度もハッキングされたことがありません。このことからもセキュリティの高さが証明されています。

しかし、ビットコインの現時点での使い道は「通貨」としてのみであり、使いやすさや応用性の高さを比較すると他の仮想通貨に劣っていることは否めません。

そこでビットコインに拡張性を持たせ、通貨以外の様々な場面でも応用させるために生まれたのが『RSK:Rootstock(ルートストック)プロジェクト』です。ビットコインの堅牢性や、技術の蓄積を活かしつつ、スマートコントラクトを実装させることによって拡張性をもたせることが可能となります。

関連用語:サイドチェーン


ビットコインの問題を解決できる

ビットコインは「スケーラビリティ問題」と「承認の遅さ」という2つの問題に加え、取引量急増によって取引の遅延や手数料の高騰が生じています。また、イーサリアムも現在、手数料の高騰とともにビットコインと同じ問題に直面しつつあります。

RSKでは「GHOST」や「DECOR+」または「Fast Block protocol」といったトランザクション処理システムを用いることで、より大きなスケーラビリティと処理スピードの向上を実現し、ビットコインやイーサリアムが抱える問題を解決できるといわれています。


RSKのメインサービス

スマートコントラクト
プログラミング言語Solidityを使用して、Ethereumと互換性を持つdApps(分散型アプリケーション)を作成することができる。

・マージマイニング
ビットコインとRBTCを同時にマイニングができるようにするプロセス。

・RSKとビットコインの橋渡し
フェデレーションに加入している企業たちが、RSKとビットコインネットワークの橋渡しの公証人となります。


RSKの活用事例