プライベートチェーン

ぷらいべーとちぇいん(英:Private chain)

ブロックチェーンには「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」という2種類がある。ブロックチェーンでは、取引の「記録」と「承認」という2つのプロセスがあるが、これを誰が担うかが、パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いになる。
プライベートチェーンでは、取引記録の生成や承認ができるのは一部のノードに限られる。この時、権限が一部のノードに集中してしまっている点で、分散化の利点が失われてしまう。一方で、迅速かつ効率的な取引の承認が実現できるというメリットがある


FLOCブロックチェーン大学校 > 用語集一覧 2019/1/24 転載