ブロック

ぶろっく(英:Block)

ブロックは取引をまとめたもので採掘(マイニング)の単位でもあります。取引はブロックに含まれることで承認を得ます。したがってまだどのブロックにも属していない取引は未承認とみなされます。1 ブロック当たりの最大データサイズは現在 1MB ですが、これを引き上げるハードフォークを行うべきかどうかの議論がたびたびおこなわれています。利用者にとってはサイズは大きい方がビットコインの送付スピードが早くなり便利という側面がありますが、ブロックを検証するために見なければいけないデータ量が増えすぎてしまうと、検証できる人が少なくなってしまい、ブロックチェーンの非中央集権性が損なわれてしまうという意見もあります。

ビットコインにおいては約 10分毎に採掘によって複数の取引を含む新しいブロックがブロックチェーンに追加されます。各ブロックの生成時には、採掘者の報酬となる取引(コインベース)も同時に生成されます。

ビットコインは「始まりのブロック(Genesis Block)」から始まって、2018 年 6 月現在で 52万ブロックつながっています。


bitFlyer 用語集 2019/1/24 転載