スマートコントラクト

すまーとこんとらくと(英:Smart contract)

契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。1994年にNick Szaboにより提唱された。
ブロックチェーンおよび暗号通貨の主要な用途の一つでもある。

スマート・コントラクトの種類
スマート・コントラクトの基盤により、スマート・コントラクト自体に種類が存在する。

非チューリング完全型
ループ処理ができないなどの、非チューリング完全な特徴を持つスマート・コントラクト。 BitcoinのScriptなどがあげられる。 契約の執行に対して、繰り返し処理を含む複雑な処理が行えないが、演算に必要なリソースが演算する前に予想することができる。

チューリング完全型
チューリング完全であるもの。 EthereumのEVMがあげられる。
その他にも、プログラミングパラダイムによる分類ではデータフロー型の言語であるZilliqaのScillaなど、いくつかの例外も存在する。


Wikipedia 2019/1/23 転載