コールド・ウォレット

こーるどうぉれっと(英:Cold wallet)

コールド・ウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を保管する方法のことで、「コールド・ストレージ」とも呼ばれます。セキュリティレベルが最も高い保管方法です。

ビットコインなどの仮想通貨の「財布」の役割を果たすウォレットをインターネットから完全に切り離された場所に保管することで、不正アクセスによって仮想通貨が盗まれる危険性を大幅に下げることができます。対して、ネットワークにつながれたままの財布は「ホット・ウォレット」と呼びます。

コールド・ウォレットの種類としては、紙に印刷して管理する「ペーパー・ウォレット」と専用デバイスで管理する「ハードウェア・ウォレット」などがあります。

「ペーパー・ウォレット」とはその名の通りアドレスや秘密鍵をプリントアウトし紙の状態で保管する方法です。インターネットから切り離されているためハッキングの心配はありませんが、インクの経年劣化で読み取れなくなるリスクあります。

より一般的なのが「ハードウェア・ウォレット」を利用しインターネットから切り離された専用デバイスで秘密鍵を保管する方法です。

これらのコールド・ウォレットはネットにつながっていないためハッキング等の観点では安全ですが、ビットコインの頻繁な出し入れには不向きであると同時に、窃盗や紛失に気をつける必要があります。


bitFlyer 用語集 2019/1/22 転載