オンチェーン

おんちぇーん(英:On chain)

オンチェーンとは、ブロックチェーン上に記録される取引のことを指します。例えばビットコインをAアドレスからBアドレスに送金する場合、この取引は取引所などを経由しておらず、ブロックチェーン上で完結しているため、オンチェーンの取引となります。

一方で、例えばビットコインをイーサリアムに変えたい場合は、両者のブロックチェーンは異なるため、通常は取引所などの第三者を介する必要があり、一度オフチェーン(オンチェーンの対義語)による取引を行う必要があります。

しかし、最近ではこの異なるブロックチェーンをまたぐ取引(クロスチェーン)をオンチェーンで実現する「アトミックスワップ」という技術も出てきています。アトミックスワップができれば取引所などを介さずとも異なる仮想通貨同士を自由に直接交換できるようになるため、真の意味で非中央集権型システムが実現できると言えます。


HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム 2019/1/22 転載