エスクロー

えすくろー(英:Escrow)

エスクロー(escrow)とは、商取引の際に信頼の置ける第三者を仲介させて取引の安全を担保する第三者預託である。

概要
1947年にアメリカ合衆国カリフォルニア州にて不動産取引の決済保全制度として発祥し、西部諸州の各州政府の法律に基づく制度として歴史がある。

具体的な方法としては、売り手・買い手・第三者(エスクローエージェント)の間で次の手順で行われる。

買い手はエスクローエージェントに代金を預ける。
売り手はエスクローエージェントへの入金を確認し、買い手に商品を発送する。
買い手は送付された商品を確認し、エスクローエージェントに商品の到着を報告する。
当初の取引内容と異なる場合は、商品の返送または取引破棄をすることができる。
エスクローエージェントは売り手に代金を送金し、売り手は代金を受領する(取引の終了)。
仲介するエスクローエージェントは、手数料を取ることで利益を得る。

アメリカ州法などでは

エスクロー 第三者預託取引およびそのサービス
エスクローエージェント エスクローエージェントのライセンスを持ちエスクローを実施する自然人
エスクローエージェンシー 一人以上のエスクローエージェントを抱える事業体
と定義しているが、ここでは全てを総称して「エスクロー」と呼ぶことにする。


Wikipedia 2019/1/22 転載